【統合版マイクラ】エリトラについての覚書き。

スポンサーリンク

エリトラといえばジ・エンドの世界、

 

エンドシティに浮いているエンドシップの中の額縁に入れてある、甲虫の羽のようなアイテムである。

 

これを手に入れることはマイクラプレイヤーの一つの目的であり、

 

これを装備することは人類にとっての永遠の夢『空を飛ぶ』をかなえることとなるのだ。

 

今回はそんな夢のアイテムエリトラについて覚書きしておこうと思う。

 

※統合版マイクラについてだが、プレーはスイッチで行った場合なので注意されたし。

 

スポンサーリンク

エリトラについて

 

エリトラのメリットデメリット

メリット:

 

空を滑空できるので、移動が大幅に早くなる。

 

これが一番のメリットであり、エリトラの魅力である。

 

ちなみに移動速度は馬やトロッコの最高時速よりも早い。

 

デメリット:

防御力が低下する。

 

エリトラは胸当ての部位に装備することとなるので、それまで装備していた胸当てを外さなければならなくなる。

 

すると当然防御力が下がってしまうので、思わぬ事故や敵からのダメージには注意が必要だ。

 

(例えばダイアモンドのセットであれば服4つの防御力と引き換えである)

 

操作に慣れるまで癖がある:

慣れてしまえばうまく活用できるが、独特の操作感があるため、何度も墜落してダメージを受けることになるかも。

 

事前にクリエイティブモードなどで練習をしておいたほうが良い。

 

飛んでいる間は基本丸腰になる:

 

盾以外では敵からの攻撃に対処する手段がないので、素早く駆け抜けよう。

 

最も滑空中に攻撃が当たる可能性はかなり低い。

 

エリトラの操作方法

まずは高台になっているところに行きそこからAジャンプをする。

 

そしてすぐに左のジョイコンステックで移動したい方向へ向けて、

 

右のジョイステックで、視点や飛んでいるときの角度を操作する。

 

ステックを下に向けるとプレイヤーの頭が下がり、急降下する。

 

上に向けると落下速度が減速する。

 

飛んでいるときの角度としてはプレイヤーの頭がやや前向きぐらいが一番だが、

 

とにかく頭を下げ過ぎると墜落する可能性がある。

 

エリトラを使う際はプレイヤーの視点を三人称にすると操作しやすいかも。

 

また、エリトラで滑空する際は、飛行機の様に上空を旋回しながら降りていくと安全に下りられる可能性が高い。

 

とは言え、落とし穴などの地形には十分注意。

 

エリトラの修理方法

金床を用いることで修理可能。以下の方法があるが、2がおすすめである。

 

1、修理素材に別のエリトラを用意し、2つのエリトラで耐久力を回復させる。

エリトラはただでさえ貴重なのだからこの修理手段はクリエイティブモードだけにしておくべきである。

 

2、ファントムの皮膜を用いて修理する。

修理するならばこちらの方法がおすすめである。

 

ちなみにファントムはプレイヤーが何日もベッドに入らないと夜に空を徘徊する。

 

なので、ファントムを剣や弓などで攻撃すると、一定の確率で皮膜を落とすのでそれを用いる。

 

また剣の場合、アイテムボーナスのエンチャントを付けておくとドロップする数が増えるのでおすすめである。

 

 

 

最強のエリトラのエンチャント

耐久力Ⅲ

エリトラで1秒でも長く飛ぶために、

 

耐久力の強化は必ずと言っていいほどしておくべきである。

 

簡単には壊れないが、プレイスタイルによってはエリトラは頻繁に使うため、

 

気が付かぬうちに消耗していることは多々ある。

 

修繕Ⅰ

エリトラは耐久力が減っても、普通の道具の様に壊れてなくなるということはないが、

 

見た目がボロボロになり、空を滑空することはできなくなってしまう。

 

そうならないためにも上記で紹介した修理をしたり、経験値を集めて耐久力を回復させたりしよう。

 

Minecraft (マインクラフト) – Switch

新品価格
¥3,030から
(2019/9/9 23:29時点)

 

まとめ

エリトラをたなびかせ、空を滑空するのはカッコよく気持ちがいい。

 

エンドシップを見つけて快適な空の旅を楽しもう!!