【マイクラ統合版】ミツバチが巣箱に入らない時の2つの対策法

ミツバチと巣箱マインクラフト
ミツバチと巣箱
スポンサーリンク

ミツバチが巣箱に入らない時の2つの対策法

この記事はミツバチを自分の好きな場所で飼いたいと思った時に、作成した巣箱にミツバチが、思うように入ってくれない人への対処を書いた記事である。

対処としては大きく分けて2つがある。

  1. シルクタッチ付のオノで、ミツバチの巣を持ち帰る
  2. ミツバチを繁殖させて、子どもミツバチを巣箱に住ませる

対処法①シルクタッチ付のオノで、ミツバチの巣を持ち帰る

ミツバチの巣とオノ

ミツバチの巣とオノ

ミツバチが巣に全部入ったのを確認してから、シルクタッチが付いたオノ(ツルハシ)で巣破壊する。

破壊した巣を任意の場所に設置して、巣箱を使わずに養蜂する。

ただし、タイミングが悪いと、ミツバチが敵対モードになって襲ってくる場合があるので、巣の破壊は周囲の沸き潰しをした上で、夜になってから行うとより安全である。

 

対処法②ミツバチを繁殖させて、子どもミツバチを巣箱に住ませる

ミツバチと巣箱

首ひも(リード)でミツバチを連れて(左)、巣箱(右)の近くで繫殖させる。

シルクタッチのエンチャント付きツールを用意できない場合、こちらの手段を取ることになると思われるが、これを行うには以下の準備物が必要である。

  • 大人のミツバチ2匹
  • 首なわ×2
  • 柵×2
  • 花(種類は問わない)を6本以上
  • 好きな場所に置いた巣箱

首なわはスライムボールがないと作れないので、素材がない場合、行商人のラマから奪うのがおすすめ。

巣箱周辺で柵を2つほど設置しておき、準備ができたら、野良で巣を作っている大人のミツバチを2匹見つけ首ひもを付けて連行し、柵に括り付ける。

括り付けたミツバチに花をエサとして与え繁殖させる。

生まれた子どものミツバチは、近くにある巣箱を帰る場所として認識するので、花を使って好きな数だけミツバチを増やす。

生まれたミツバチは花を使うと成長するので必要であれば成長させる。

こちらの方法であれば、巣を破壊する方法に比べ、敵対されるリスクがない。

また生まれた子どもミツバチも、大人のミツバチ同様、ハニカムを集めてくれるので、繁殖ができない以外のデメリットもなくおすすめである。

 

まとめ

上記で紹介した方法で、ミツバチを好きなところで繁殖させ、養蜂してみて欲しい。

【統合版マイクラ】エメラルドを稼ぎやすい村人職業ランキング12
エメラルドを稼げる村人職業ランキング12 エメラルドといえば、マイクラ界における通貨であり、ダイアモンドに並んで貴重な鉱石の一つである。 山岳バイオームならばまれに取れるけれど、あまり期待はできない。 だが、エメラルド自体は村...
【統合版マイクラ】焚き火がすごく便利な5つの理由。
マイクラの「焚き火」のすごいところ5選 2018年9月以降、マインクラフトのアップデートでアイテム「焚き火」が追加された。 焚き火と言っても、「メラメラ燃える火が出るだけで、火に触れるとダメージ受けて、たいまつよりも明るい程...
タイトルとURLをコピーしました