【ライフアフター】混屍者の戦闘職おすすめランキング考えてみた。

混屍者の戦闘職スマホゲー
混屍者の戦闘職
スポンサーリンク

ライフアフターの混屍者の戦闘職について

ライフアフターには様々な職業が存在し、混屍者の戦闘職では胞子ハンター、ライフル兵、戦士、狙撃兵、方丹騎士の5つが該当する。

今回は個人的に有能だと感じる順位で戦闘職について書いていくこととする。

とは言え有能さは時と場合によって変動するため、以下の3つの部門ごとに書いていくこととする。

  1. 普通の感染体やその他の敵などの「PvE」部門
  2. エリア行動の特殊感染体やUMA狩り「PvE(対ボス)」部門
  3. ナンシー市演習や遠星城での敵プレイヤーとの戦闘などの「PvP」

※なおアップデートにより、人間と混屍者の種族によっても有能度に差が生じるようになったため、この記事では混屍者の戦闘職に限定した場合について述べるものとする。

  1. ①戦闘職有能ランキング(PvE)
  2. ②戦闘職有能ランキング(PvE)対ボス
  3. ③戦闘職有能ランキング(PvP)

①戦闘職有能ランキング(PvE)

  • 1位 戦士
  • 2位 狙撃兵
  • 3位 ライフル兵
  • 4位 胞子ハンター
  • 5位 方丹騎士

1位 戦士

混屍者の特性上「いかに胞子を確保しながら戦うか?」が重要になるが、その特性と相性が良いのが戦士だ。

人間の戦闘職に比べ、感染体の群れを瞬時にせん滅する能力には劣るが、戦士の頑強さと接近戦によるドロップ胞子の回収が早く、回復しながら攻撃できるため、戦闘継続力において他の戦闘職を圧倒してしまうのだ。

しかも冷兵器による胞子ドロップ率は他の武器に比べ高めであるから、相性が良すぎる。

 

2位 狙撃兵

敵から距離があり、BioT重砲を使う前提であれば、せん滅力は戦士以上。

ただし、戦士と違って、ドロップした胞子を回収しに行くのは至難の業なので、早期せん滅を目指したい。

 

3位 ライフル兵

狙撃兵に比べれば胞子回収がしやすい分戦闘継続はできるが、拡散器が使えない以上回復しつつ戦うのは難しい。

それでも銃器の扱いに補正がかかるので戦えないことはない。

 

4位 胞子ハンター

胞子のドロップ率上昇、胞子の効果の種類や性能はウイルス学者の拡散器による回復より性能が高い場合が多い。

しかしながら、自身で作り出した胞子を自身で回収しづらく、ウイルス学者の様にウイルス弾による追加ダメージなどもないため使いづらい。

 

5位 方丹騎士

異変コアの強化に、十分な時間や大量の金塊を費やすことが可能であれば、胞子ハンターより戦闘力は上。

しかし、無課金プレー、労力をかけることのできないプレイヤーにとっては、中途半端な性能しか出せないため、ライフル兵、狙撃兵の方が火力が出やすく、言ってしまえば、非戦闘職よりは戦闘力が高いが、ライフル兵の下位互換。

 

②戦闘職有能ランキング(PvE)対ボス

  • 1位 戦士
  • 2位 狙撃兵
  • 3位 胞子ハンター
  • 4位 ライフル兵
  • 5位 方丹騎士

1位 戦士

人間の戦士より戦闘継続力が高いため、ボスのヘイトを取りつつ回復して攻撃ができる。

むかつくことに、冷兵器は胞子をドロップしやすいので、他のプレイヤーの回復支援になる場合もないことはない。

 

だが、ドロップした胞子の多くは戦士自身で回収してしまう場合がほとんどでありウザい。

 

つまり言えば、接近戦を仕掛けられない場合は、ただの使えないゴミということ。


それでも人間の戦士よりは強い。

 

2位 狙撃兵

火力においては戦士以上であり、BioT重砲を使えばサポートもできてしまうので強力。

 

ただし、人間の狙撃兵に比べ、拡散器を使えない分、活力切れには注意したい。

 

3位 胞子ハンター

火力においては、戦士、狙撃兵に及ばないが、多様な胞子ドロップすることで味方のサポートに徹することができる。

 

ただし、胞子は安定したドロップを狙うのが難しいため、若干運任せになってしまうのが難点。

 

それでも攻撃ダメージ上昇や移動速度上昇などの胞子は地味にありがたい。

 

4位 ライフル兵

強力な感染体相手だと活力切れからの、回復が追いつかない危険が出てくる。

 

他の戦闘職に比べメリットが少なく、勝手にじり貧になっていく職業。

 

5位 方丹騎士

異変コアの強化をはじめとした十分な強化ができている場合には、パーティメンバーにバフを安定してかけられるため、胞子のドロップによる運任せのサポートとなる、胞子ハンターよりも格上。

強力な感染体相手でも、強化さえしてあれば、ライフル兵よりもパーティメンバーのサポートの面で有用度は高くなる。

しかし多くの場合、十分な強化ができないことが予想されることで、中途半端な性能となり、火力面でもライフル兵に劣るため、非戦闘職よりは、ましなレベルの存在になる。

 

③戦闘職有能ランキング(PvP)

  • 1位 戦士
  • 2位 狙撃兵
  • 3位 ライフル兵
  • 4位 方丹騎士
  • 5位 胞子ハンター

1位 戦士

人間の戦士以上に相手にとってヤバい。

 

とにかく敵にとっては近づかれたくない存在であり、近づいてしまえば冷兵器を振り回し弱点付与しつつ、ダウンさせつつ回復もできてしまうド畜生の卑怯者。

 

不意打ちで遠距離攻撃を食らう前に、懐に飛び込めば勝利はほぼ確定。

 

特訓戦場が唯一無二の活躍の場で、人間の戦士は雑魚に成り果てる。

 

2位 狙撃兵

狙撃の恐ろしさとBioT重砲が猛威を振るう。

しかし1位が圧倒的に強いだけで、人間の狙撃兵に比べ回復が安定しないため、接近戦になるとあっさりやられてしまう可能性も大きい。

 

3位 ライフル兵

ライフル兵の特性があっても回復が追いつかないことも多く、返り討ちにあうこともしばしば。

なんとか胞子の確保をうまくやらないとやはりジリ貧になるだろう。

 

4位 方丹騎士

十分な強化がしてある場合でも、メイン武器として設定してある(2丁)拳銃をうまく使いこなせるだけのプレイヤースキルがなければ、アサルトライフルを連射しているだけでもゴリ押せるライフル兵に負ける可能性が高い。

腕に自信がある人以外は、ライフル兵で十分戦果が出せるので、あまりお勧めしないが、戦闘力的には当然胞子ハンターよりは上。

 

5位 胞子ハンター

非戦闘職に比べれば強いが、それ以上でもそれ以下でもない。

ウイルス学者とタイマン勝負なら、こちらが負ける可能性が高い。

ライフル兵同様、回復が安定しないのが難点。

 

まとめ

ちなみに、上記3部門を総合的に判断した場合のランキング

(1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点として3部門を計算した)としては、1位 戦士、2位 狙撃兵、3位 ライフル兵、4位 胞子ハンター、5位方丹騎士という結論に至った。

 

なお、それぞれの部門で見たときには以下の通り

  • PvEでは、戦士、狙撃兵
  • PvE(ボス戦)では戦士、狙撃兵
  • PvPでは、戦士、狙撃兵

 

という結果にまとまった。

 

どの戦闘職も万能ではないため、プレイヤーの目的に応じて適切な職業のキャラクターでプレーするようにするのが良いだろう。

【ライフアフター】混屍者と人間どちらがおすすめか比較してみた。
混屍者と人間どちらがおすすめ? 結論から言うと、特にこだわりがなければ混屍者を選択するのがおすすめである。 理由は混屍者の方が、人間よりもいろんな面で楽をできるからだ。 以下では混屍者と人間を比較した表を作成したので、...
【ライフアフター】混屍者のおすすめ職業3選。
混屍者のおすすめ職3選 混屍者のおすすめ職は以下の3選 採掘・伐採職人 胞子キャッチャー 戦士 ①採掘・伐採職人 人間の採掘伐採職人同様、採取レベル自体は強化していく必要があるが、地味にめんどくさいツルハシ・...
タイトルとURLをコピーしました