【ライフアフター】戦乱エリアの報酬についてのメモ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ホーム安全性シミュレーションバトル」とは?

野営地のヘリコプターから戦乱エリアへ向かい、他の野営地の荘園を襲うことができるモードの正式名称。

野営地のヘリコプター乗り場のジャンヌに話しかけて、

「ホーム安全性シミュレーションバトル」の契約をすることで、

戦乱エリアで他の野営地を襲撃できるようになる。

その反面、契約を締結している間は自身の荘園も襲撃対象となるので注意が必要。


ホーム安全性シミュレーションバトルの報酬について

戦乱エリアに参加する契約を連続して15日継続すると、

製法書の破れたページ400枚、機械素材×25、新貨幣20000、模擬戦専門家の称号を手に入れることができる。

これは契約日数だけが条件なので、プレイヤー自身が他の野営地に襲撃に行く必要はない。

荘園を襲撃されるリスクはあるが、地味においしいので契約継続をしておきたいものだが、
一つ疑問がわいた。

「シミュレーションバトル契約→15日契約→解約、再契約後15日たつ」とした場合、再び上記の報酬はもらえるのか?ということだ。

QAやヘルプなどを見ても書いてなかったので、運営に問い合わせをしてみた。

 

シミュレーションバトルの再契約について、運営の回答。

再契約について運営に聞いてみたところ↓の通りの回答が来た。


回答によれば、ホーム安全性シミュレーションバトルの15日連続契約報酬は1度しかもらえず、

1度報酬をもらった後の再契約ではもらえない。とのこと。

この為、荘園を襲撃されるのが不安なプレイヤーは、15日だけ契約を結んで、報酬をもらったら即契約解除という流れが良いだろう。

ちなみに「模擬戦専門家」の称号は1度入手すると、再入手する必要はないのでその点も安心。

とのこと、以上。