ジョジョの荒木先生の 「ジョジョ以外の登場作品のキャラ」について書いてみた。【ディアボロの大冒険】

2019年9月23日

スポンサーリンク

この記事は「ジョジョの奇妙な冒険」のフリーゲーム「ディアボロの大冒険」に登場するキャラクターについて個人的な偏見を書いたものである。

  なおバージョンはジョジョ25周年ver0.15(通称トビー版)である。

 

(日々バージョンが変化しているらしいので、現在著者が持っているバージョンについて言及を行い、キャラクター名はゲーム内での表示名とする。)

 

え、このゲームのキャラについての感想じゃあなくて、ゲームの『入手方法』について知りたいだって?

 

さあな………なんのことだ…………?わからないな

 

大切なのは『ディアボロの大冒険をプレーしたいという意思』だと思っている

 

プレーしたいという意志さえあれば たとえ今回はゲームの入手方法が分からなかったとしても

 

いつかはたどり着くだろう?

 

プレーしたいわけだからな  

…………違うかい?    

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険 その他(の荒木作品など)に登場のキャラ

橋沢育郎

   

コミック「バオー来訪者」の主人公の青年。一巡後の世界で登場する。

 

攻撃力が低いため、大したダメージにはならないが、高耐久を誇る。

 

しかし調子に乗って攻撃してしまうと、後述のバオーに変身してしまうのだッ!!

 

攻撃しないのが大吉。

 

なお、ヘブンズドアー等で封印状態にしていてもバオーへの変身は止めることができず、バオーになってしまうと封印も解けた状態となるので注意。

 

バオー

   

これがッ!これがッ!これがッ!バオーだッ!!

 

橋沢育郎に取り付いた寄生虫バオーが宿り主の危機を察知し、バオーへと変身するッ!!

 

この現象をバオー武装現象(アームド・フェノメノン)と言うッ!!

 

アームド・フェメノンすると、

 

高い攻撃力の2回攻撃を繰り出すだけでなく、

 

「バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン」で60000Vの電圧が流れ、

 

ディアボロには200の固定ダメージが入ってしまう。

 

(チリペッパーの能力装備で威力半減)

 

また「バオー・メルテッディン・パルム・フェノメノン」で持っているアイテムを溶かして床にばらまいたりする厄介な能力も持つ。

 

正直まともな殴り合いで勝てる気はしないッ!!

 

バオーに触れたものは死を意味するからだッ!!

 

   

猫である。ニャー

 

たまにホルマジオの瓶に混乱した状態で入っていることもある。

 

ストレイキャットとは違い普通の猫でありスタンドは使えないし、スタンド使いになることもない。

 

攻撃はひっかきことができるが、威力は当然弱い。

 

かわいらしい猫なのだが、DIOからは調理用の食材扱いだし、

 

他の敵からは優先的に狙われるしで、正直かわいそうで仕方ない。

 

 

 

警備員の西戸(さいこ)

   

魔少年ビーティーに登場したデパートの警備員。

 

一巡後の世界で登場し、その世界でトニオさんの店の商品を盗むと、ブチ切れ仗助&億泰の代わりに追いかけてくる。

 

倍速で移動し、2マス先まで届くチェーン攻撃、不気味な笑い声でのマヒ状態にさせてくるなど戦いづらく、

 

おまけに高攻撃力、耐久のくせに、経験値的には美味しさがない。

 

(万引きして逃走するくらいなら、トニオさんを倒してしまった方がはるかに楽である。)

 

倒すと必ず「恐竜の化石」を落としそれを持って一巡後の世界を降りていくと、

 

部屋が毎回大きなモンスター部屋ばかりになってしまう。

 

デッドマンズ吉良

   

4部のラスボス、吉良吉影がスタンドと記憶を失った状態で登場し展開していく物語『「デッドマンズQ(クエスションズ)』が出典。

 

ある人物から「軍人の屋敷ならぬ『屋敷の幽霊』に住む者」の始末を依頼され、ディアボロも同伴する形で屋敷のダンジョンに仲間としてついてくる。

 

仲間の中ではかなり優秀な方で、射撃耐性があり、レベルアップでHPが回復する。

 

この屋敷ではディアボロの成長より、

 

デッドマンズ吉良の成長を主眼に置かなければならないため、

 

普段の立ち回りとは異なる動作を求められることだろう。

 

またディアボロだけでなく、吉良がやられてもゲームオーバーとなってしまう。

 

屋敷のダンジョンの最深部に待つのはいったい何なのか?

 

ちなみに吉良吉影のDISCを投げるとレベルアップし、JガイルのDISCを投げると攻撃力がそのフロアのみ上がる。

 

謎の卵

   

謎の卵である。『「デッドマンズQ(クエスションズ)』に登場。

 

屋敷のダンジョンのみに登場し特定のフロアーに大量に置いてある。

 

吉良に倒させてレベルアップの糧にすると良い。

 

魂の掃除屋

   

屋敷のダンジョンのラスボスで複数体いる。

 

『「デッドマンズQ(クエスションズ)』に登場。

 

常時倍速で移動し、高い攻撃力でディアボロや吉良を狙ってくる。

 

その為吉良をどうにかしつつ、フロアーへの全体攻撃などで一気に仕留めてしまうのが良い。

 

なお、この魂の掃除屋は、

 

1体倒すだけでダンジョンから脱出できる階段が出てくるため、

 

余裕がなければ1体だけ倒してすぐに逃げても良いだろう。

 

トビー

ホテルの外の1Fで大量に現れる荒木先生が生み出したキャラクター。

 

「NHK高校講座 漫画はやっぱり面白い~人物~」

 

での荒木先生のキャラクターづくりについての講義が出典。

 

道路交通標識の「止まれ」がモチーフで、口癖は「スピョーン!」

 

ガールフレンドには一方通行の標識がモチーフの一通ちゃんもいるらしい。

 

水にぬれたり、対称形じゃない文字に恐怖を持つ。

 

特技は書道2段であり、他人の動きを道路上で一瞬だけ止めることができるらしく、

 

このゲームでは5ターンもの間時を止めることができる。

 

高い攻撃力と防御力を持ち、しっかり装備していても苦戦必須なのに、

 

初めてのダンジョンで丸腰のディアボロにどうして勝ち目があるだろうか?

 

(勝ち目はない)

 

逃げるの一択しかないが、複数体トビーはいるので、

 

運よく下に降りれるまでは、ディアボロのDIEジェストを見続けることになるだろう。

 

 

黒い絵の幽霊

               

『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が出典。

 

黒い絵の罠を踏むと登場してくる女の幽霊のような存在で、複数現れることもある。

 

山村 仁左右衛門(やまむら にざえもん)の描いた絵の怨念が形となってディアボロを襲うッ!

 

基本的に攻撃は一切通用せず、ディアボロに触れると即座にHPを1にしてしまう。

 

(すかさず2体目が現れてディアボロにとどめを刺すことも良くある)

 

しかし、スタープラチナのオラオラや、ステッキフィンガーズの2マス目攻撃はダメージが通るし、

 

爆発に巻き込んだり、ヘブンズドアー装備、ドッピオのDISCを持っているなどで対策は可能。

 

ちなみにヘブンズドアー等で、

 

この幽霊の情報を読むと大量の「死」という文字としか書かれておらずホラーである。

 

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

新品価格
¥842から
(2019/9/15 21:43時点)

まとめ

ジョジョ以外の荒木作品等からの登場キャラを紹介したがいかがだっただろうか?

 

正直まともに戦いたくはない強力なキャラクターばかりである。

 

いつか一通ちゃんもこのゲームに出てくるのだろうか?