【オンラインゲーム】6割くらいの確率でわかる、ヤバいプレイヤーの見分け方。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オンラインゲームにはびこるヤバいやつ

世の中、思う以上にクレイジーな奴は多いものだが、それはゲームの世界でも同じ。

 

ネットワークの発達で、世界中の誰とも気軽にゲームが楽しめるようになった時代。

 

これ自体は素晴らしく、喜ばしいことなのだが、オンラインゲーム上でもかかわると損をするプレイヤーはいる。

 

こいつらと関わると、おおよそ、資源、時間、精神力、地味にじわじわ削られるものが多くきつい。

 

今回は主観に基づき、かかわらないほうが良いタイプのプレイヤーの特徴を上げてみたい。

 

あいさつがない。

ゲームはじめたてのプレイヤーならいざ知らず、

 

明らかにやりこんでそうなプレイヤーで、パーティに加入するときに「よろしく」の一言もないやつは、地雷原である可能性が高い。

 

助けても、ありがとうも、それに類するアクションすらないときには、ゲームをプレーしてて損した気分になる。

 

なんなの?助けられてるくせに、こっち無視してどうしてどや顔で最前線行くの?しかも即やられるし。

 

あいさつしたら呪われるんか?礼を言うと爆発でもするのか?マジでわからない。

 

無謀な戦い方をする

例えば、モンハンなどで4人パーティで全力で戦わないと、

 

どう考えても苦戦必至なモンスターがいる。にもかかわらず、なんで2人で行こうとするの??

 

あほなの?そんなにお前さん強いの??そういうわけでもないことが多い(むしろ自分の方が強いことが多い)ので、

 

無謀というか、愚か者というか身の程知らずである。

 

しかしながら、これは単にゲームになれていない初心者に多くみられる傾向なので、必ずしもヤバいやつとは限らない。

 

生暖かく、パーティでの出発を拒否するか、パーティから抜けよう。

 

きっと彼らもいた目を見れば自分の身の程を知ることができるはずだから。

 

チャットの語尾に「☆」や「♡」などのマークや、プレイヤー名にそれらが多用されている

まぁ、なんとなくわかると思うが「こんにちは☆☆よろしくね☆☆」だったり、

 

いろいろな人がいるので、

 

「アルベル☆ト♡♡♡」など

 

感じ方はあるのだが、あまり刺激するとなんかまずそうな雰囲気は感じ取れると思う。

 

こちらは初心者とかうまいとかいう依然に、なんだかやばい。何がどうヤバいかと言われると何ともだが。

 

あまり仲を深めたいタイプではないかな……。

 

まとめ

他にもヤバい要素は考えられるし、必ずしもヤバい人とも限らないが、いろんな意味で上記にあげた3つの要素を持っている相手は無視するか、ブロックしたほうが精神衛生上良いだろう。