【ライフアフター】ログオフ時の被ダメ判定はいらない!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

改善される気配が一切ないライフアフターの接続環境

ライフアフターが面白いゲームである事は十分知っているし、それは事実だと思う。

 

執筆時点で、2年以上たつが、リリースしてからアプリストアで☆5満点のうち4以上なのは人気を示していると言えるだろう。

 

しかし、アップデートの度に、ひどくなっていくのはログイン環境である。

 

公式も状態にはさすがに、惨状自体は認識しているのか、ラグ対策の専門チームを立ち上げましたと言い改善する「姿勢だけ」は見せている。

 

実態は全く変わらない。

 

ここ数か月でラグは改善されましたか?

 

「なんだろう、嘘つくのやめてもらっていいっすか?」

 

「なんかラグや処理落ちが改善したとかっていうデータとかあるんすか?」

 

 

ログオフ時のむかつく瞬間と、運営の理不尽な仕打ち

100歩譲って、処理落ちやゲームの強制終了が起きてしまうことは許してやろう。

 

だが、ログオフ時の被ダメ判定が必要な意味が分からない。

 

感染体に囲まれているときや、ナンシー演習で敵にとどめを刺そうとした瞬間、ゲームは落ちる。

 

急いで再起動すること数十秒後。

 

そこにはログオフ時の被ダメージ判定で一方的にやられてダウンしているキャラクターの姿がある……。

 

確かに、ナンシー演習で敵がログオフしているときは、千載一遇のチャンスなので撃破したくなるのはわかる。

 

しかし、やられる側としては迷惑だし、感染体相手にやられる時は運営の卑怯さすら感じる。

 

感染体は一定距離以上持ち場を離れると初期位置に戻ろうとする。

 

この時はどんな攻撃も無効になるのではがゆい。

 

感染体をダメージ無効で優遇することはできても、

 

プレイヤーの反撃できないタイミング、つまりはログオフ時には何ら措置を取ろうともせず、

 

一方的にダメージが入るさまを放置しているのだ。

 

 

ゲームの強制終了は運営の責任

そもそもゲームの強制終了の9割は「運営のせい」である。

 

意図的にゲームを終了するパターンより、予期せぬシャットダウンが多いのがこのゲームだ。

 

 

当然公式が想定するゲーム環境でのプレーをしていても、必然的に強制終了になる。ある種平等。

 

 

アップデートの度に処理や不具合を生じ、ゲームの強制終了を発生させる頻度も上昇させる。

 

 

その不具合で生じる「不利益はプレイヤーが負担しろ」というのが運営の暗黙の見識であり、

 

対応はとらない。

 

運営がその気を出せば、被ダメージを無効にする処理を行うことができるのは

 

上記で述べた感染体の例で十分に証明されている。

 

にもかかわらず、対応はしないというのはどういうことなのか?

 

 

ログオフ時の不具合に運営が対応しない理由

答えは簡単である。「金にならない」からだ。

 

バグ出まくり、ラグや強制終了が多発、サポートも頓珍漢な内容で返信しようが、劇手にユーザーが減らない限り

 

よくわからない飾りやコスチュームやコラボで収益を上げたほうが良いからだ。

 

文句言っている間も事実ユーザーはログインしているということには変わりなく、放置していても収益を上げる可能性を生む。

 

なので適当に対応した不利ぐらいはするだろう。

 

しかし、ゲームの強制終了で、ユーザーがログオフしているということは、

 

その原因がほぼ運営の責任でも、

 

「サービスを利用していない」状況であるユーザキャラクターに対しては、

 

収益を生むはずがないので、放置で良いとしているのは間違いない。

 

仮にログオフ時間が数分だとしても、

 

今ログインしているユーザーを迎合するほうが収益を生むと考えているのだ。

 

おまけに原因がユーザの環境にあると言ってしまえば、

 

責任回避もできるグレーゾーンな内容なので、かかわりたくないというのが本音なのだ。

 

 

まとめ

ログオフ時の被ダメ判定は、運営の技術的には可能なはずだが、カネにならないので、運営は行わない。

 

ログインしている奴からカネを巻き上げられれば、ログオフ時のプレイヤーなんてどうでもいい。

 

これが真実。

 

ゲーム性で何とか持っているこのライフアフターだが、

 

ラグ対策、強制終了等の放置等の問題に対し、いつか報いを受ける日が来るだろう。