【ライフアフター】放射高校について思うことを書いてみた。

スマホゲー

感染体にあふれる高校で、高校生の感染体がさまよう中、サバイバーがプレイヤーの救援を待っている。

 

1人で挑戦することになり、1回層ずつ登っていくステージ構成で、全部で100階層以上あり、徐々に難易度が向上していく。

 

また放射量というものがあり、1ステージ「挑戦で」50の値を得ることになるが、1日で最大500までしか耐えられないので

 

1日につき最大10ステージまでしか進めない。(救助案件を除く)

 

(この制限は毎日24:00にリセットされ、毎週月曜日にそれまでクリアした「最大ステージ数-15の階層」から挑戦することになる。)

 

それにしても失敗しても放射量がカウントされるのはいかがなものかと思うが。

 

各ステージにはエレベーターで移動し、

 

1度クリアしたステージにも挑むことができるが、

 

救助案件(緑のマークがついているところ)以外はクリアしても報酬はない。

 

ステージを進めるごとにかなり厳しくなってくるので、根を詰めてやる必要はないかもしれない。

 

ステージには感染防止薬や弾薬箱、ドローンなどできる限りの準備を整えていこう。

 

なお、武器の消耗は90%減少するので強い武器を持って行っても安心。

 

ステージの区切りごとに出てくる特殊感染体を撃破すると多くの金塊をもらえるのはうま味である。

 

豆知識だが、エレベーター内であれば弾丸箱を設置できるので、消費弾薬を減らした蹴れば放射高校に立ち寄って補充して立ち去ると節約になる。

 

追記 20200808

放射高校の最上階は160階以上である。

 

戦闘レベル70以上でも90階程度でかなり苦戦を強いられるので先は程遠い(経験談)

 

ちなみにシーズン4の最も活躍したサバイバーですら152階までしか到達できなかったようなので、いかに手ごわいかがわかるだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました